ネットワークエンジニア・ヘルプデスクのお仕事


新着のお仕事情報

ネットワークエンジニア・ヘルプデスクとは

ネットワークエンジニアとは、顧客企業のパソコンでインターネットを見れるようにしたり、複数のコンピュータを接続し、パソコンとプリンタなどを繋げて、データのやりとりや 印刷が出来る等のネットワーク通信を可能にする環境を作るお仕事です。

そのため、顧客企業のニーズを聞き取り、考え、最適なネットワーク環境を構築することがポイントとなります。構築後も、正常に動作するように維持し、コンピュータを点検、トラブル時の対応までを担います。

ネットワークの業務は、構築・運用に分類されます。

ネットワーク業務レベル
ヘルプデスクは構築済み→完成されたインフラ・ネットワーク環境を保守・運用の役割とし、製品の使用方法やトラブル時の対応や様々な問い合わせを受付けます。また、システムやツールの使用方法を取りまとめた資料やマニュアルを作成する場合もあります。
顧客と直接やり取りしますので、人とのコミュニケーションが好きな方にもおすすめです。


取っておきたい役立つ資格


  • CCNA:Cisco Certified Network Associate
    ネットワークの基本的な技術知識があるということを証明
    • 世界最大手のアメリカに本社を置くシスコシステムズ社の認定試験です。ルータ・スイッチなどのネットワークを構築する際に必要な装置は、このシスコ社製品が多く使用されています。
    • ネットワーク構築と運用管理能力を証明することが出来ます。
    • ネットワークの運用・保守、ヘルプデスク等にはこの資格を目安とされていることが比較的多くあります。
  • CCNP:Cisco Certified Network Professional
    CCNAよりもさらに高度な技術知識。ネットワークエンジニア、SE向けの資格
    • CCNAに比べ難度が高くなり、大規模なネットワーク環境においてのシステムの構築・運用・管理が出来る能力を証明します。
    • システムエンジニア、ネットワークエンジニア、セキュリティエンジニア、サーバエンジニアなどにおいて活躍する方、または目指す方に強みとなる資格です。
    • CCNPより更に上位となる資格としてCCIEがあります。
  • LPIC(Linux):Linux Professional Institute Certification
    ITの転職に強い資格として人気!待遇面も良い!
    • 特定非営利活動法人(NPO)であるLPI (Linux Professional Institute) によって中立・公正な立場で証明するLinux技術者認定です。
    • IT業界での転職において、保有していると強みになる資格です。比較的他の情報処理系資格よりも取得しやすいことで定評があります。
    • Linuxシステムを導入している企業へ転職に有利です。
    • レベル1(LPIC-1)、レベル2(LPIC-2)、レベル(LPIC-3)の3つのレベルがあります。
  • MCP:Microsoft Certified Professional
    マイクロソフト製品の知識を認定。複数の科目のうち1つでも合格すると認定される!
    • マイクロソフト製品の知識とスキルを認定する世界共通資格(MCPプログラム)。
    • 複数ある科目のうち1つでも合格すると、MCPとして認定されます。
  • TOEIC:Test of English for International Communication
    外資系企業や外国人社員のいる企業でのヘルプデスクに必須!
    • アメリカの非営利団体Educational Testing Service(教育試験サービスETS)が行う英語能力テストです。
    • 英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通のテストです。
    • ITスキルではありませんが、外資系企業・外国人社員が増えている企業の求人では目安として重宝される資格です。
    • 社内ヘルプデスクでも、英語が出来るとかなり有利です!
ページの先頭へ